ターンオーバーとは?その意味や促進させることの重要性とは?周期は28日

ターンオーバーとは?その意味や促進させることの重要性とは?周期は28日

美肌について勉強しようとすれば、必ず出てくる言葉があります。

それは、ターンオーバーです。ターンオーバーという言葉を美容雑誌や美容サイトで見かけたことのある人は多いでしょう。

今までの記事にも出てきましたが、ここであらためてターンオーバーについての記事を書きたいと思います。

ターンオーバーとは? その意味

Sponsored Link

なぜターンオーバーはそんなに重要なのでしょうか?

それはターンオーバーは美肌になるためには欠かせない要素であり、キーポイントになるからです。ターンオーバーの理解は、美肌の絶対条件です。

肌は人が生まれてから、ずっと同じものが体の表面に張り付いているわけではありません。肌には代謝があり、一定のリズムを刻んで、新しい肌へと生まれ変わります。

新しい細胞ができてから、垢となって表皮から剥がれ落ちるまでのことをターンオーバーと言います。また、この生まれ変わる周期のことをも指します。

この肌細胞が生まれ変わる過程のことをもう少し細かく説明します。

皮膚は何層にも重なって構成されています。表面の方から、表皮、真皮、皮下組織の層へと下がっていきます。一番外側に存在する表皮には、基底層、有棘層、顆粒層、角質層という層がその中に存在します。

この表皮の一部分である基底層で表皮細胞が生まれます。基底層で生まれた表皮細胞は、少しずつ形を変化させて表皮の外側へと上がっていきます。

そのうちに細胞は死滅し、角化細胞に変わってしまいますが、その下の生きている細胞が角化細胞を押し上げてくれますので、表面まで到達することができます。

表面というのは、人の指で触れられる、誰もがよく知っている肌の部分です。表面まで押し上げられた角化細胞は、最後に剥がれ落ちてその役目を終えます。垢となって自然に剥がれ落ちたり、洗顔や入浴の際に落ちていきます。

ターンオーバーを繰り返すことで、傷ついた肌を綺麗に修復できる優れた機能を持っていますが、このターンオーバーの周期は、28日から56日かかるとされています。

これは部位によって周期の違いがあり、顔の部分は28日程度だとよくいわれますが、手や足といった心臓から遠い位置にある部位は、周期が長いのが一般的です。

また、ターンオーバーは全ての人が同じではなく、個人差が存在します。年齢によっても違いがあらわれます。年齢が高くなるほど、ターンオーバーの周期が遅くなってきます。

40代くらいになると、28日の周期が、45日程度まで遅くなることが分かっています。

ターンオーバーの周期が遅くなると

ターンオーバーが遅くなると、それだけ肌の修復が遅れますので、たとえば肌表面に傷を負ったときに、元の状態に回復するまでが、若いころに比べて遅くなってきます。

シミやくすみに関しても、同様のことがいえます。シミやくすみはメラニンの過剰分泌が原因ですが、肌の奥にあるメラニンは、ターンオーバーによって徐々に押し上げられ、次第に薄くなるケースが多く見られます。

しかし、ターンオーバーが遅くなれば、その分だけメラニンが肌の奥に留まり続けてしまい、なかなか消えないシミやくすみに悩まされることになります。

以上のことから、美肌の絶対的な条件のひとつは、ターンオーバーの促進なのです。肌荒れを改善するためにもターンオーバーの促進は必須事項なのです。

Sponsored Link