皮膚の構造と機能そして皮膚の役割とは?肌は乾燥を防がなければならない理由

皮膚の構造と機能そして皮膚の役割とは?肌は乾燥を防がなければならない理由

美肌を目指すためには、何よりも皮膚の構造とその役割を知っておく必要があります。なぜなら、どのような目的で化粧品を使用し、皮膚のどの部分にどのような効果があるのかを把握することができるからです。

皮膚の構造は三層構造になっています。上から表皮、真皮、皮下組織という順にできています。とくにスキンケアで重要なのは、表皮と真皮です。表皮と真皮の主な役割を知ることから始めましょう。

表皮の主な役割

Sponsored Link

表皮の主な役割は、簡単に言えば保湿とバリア機能です。表皮があるからこそ肌は水分蒸発を防いで乾燥から身を守ってくれています。

表皮は厚さ約0.2ミリの薄い膜になっており、肌の一番外側で外部からの細菌侵入や紫外線によるダメージから身を守るバリア機能があります。皮膚の最も外側から内部を守ってくれる重要な役割を担ってくれているのです。

真皮の主な役割

表皮の下には真皮があり、厚さは約2ミリ程です。真皮は繊維状のタンパク質であるコラーゲンが多く占めていて、他にもヒアルロン酸があります。

役割としては、肌に弾力を与えたり、水分を満たすということがあげられます。真皮層の働きがあることによって肌には潤いや弾力性があるのです。

真皮層には血管や皮脂腺、汗腺、リンパ管なども通っており、真皮より奥にある表皮と真皮を支える土台である皮下組織に存在する静脈や動脈とも繋がっています。体温の調節機能も働いているという重要な部分です。

ターンオーバーとは?

Sponsored Link

表皮は定期的に生まれ変わる仕組みになっています。28日周期でのターンオーバーが起こります。ターンオーバーとは、真皮の下に位置する基底層で生まれた新しい細胞が角層にあがり、垢となって剥がれ落ちるサイクルのことです。

皮膚は古い各層などが剥がれて新しいものになっていくことを繰り返しています。このサイクルが崩れると肌の状態は正常に働いていないということになり、肌を乾燥させたりして肌トラブルが全般的に起こりやすい状態になります。ターンオーバーは早くても遅くても良くありません。

表皮と真皮との関係

保湿力やバリア機能を持っている表皮ですが、それを支えてくれているのは真皮です。

加齢で真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸などが少なくなっていきますから、どうしても肌の弾力や水分が低下していくことになります。それがシワやたるみの原因になります。

表皮と真皮は連携しながら、それぞれの役割を果たしています。どちらかの働きが悪くなるだけで美肌から遠ざかっていくのです。

表皮や真皮は連動していて、さらにそれらを支えている皮下組織によって皮膚は機能しています。これらの働きを知ることによって、必要な化粧品を選ぶことができますし、化粧品の選択間違いによる肌の悪化を防ぐことができます。

肌にとって大敵である肌の乾燥をも防ぐことができるのです。その結果、皮膚をきれいでみずみずしい状態にすることが可能になります。

肌の乾燥を防ぐ

肌が乾燥した状態になると、紫外線や細菌によるダメージから守る事が難しくなります。

傷付きやすい状態になりますから、こうした乾燥状態になったときには、潤いを保つためにも表皮のターンオーバーを促すためにもスキンケアが必要になります。

汚れた肌を洗浄したり、保湿ケアを行ったり、真皮層にコラーゲンやヒアルロン酸を増やすケアを行うことは、肌を保護するためには必要なことなのです。

スキンケアの第一歩は、皮膚の構造と役割を理解することなのです。

Sponsored Link