派遣社員として働くメリットとデメリットとは?

Roofing Companies Calgary1

派遣という働き方は今では当たり前のようになっています。派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結び、派遣先に派遣されて働きます。中には派遣社員としてしか働いたことのない人も大勢います。どのような働き方をしようが、その人の自由です。

しかし、派遣社員として働く決断をする前に、そのメリット・デメリットを知ってからでも遅くはないと思います。

僕は短期間ではありましたが、派遣社員として勤務したことがあります。経験を交えながら、僕が感じた派遣社員として働くメリットとデメリットをお伝えします。

Sponsored Link

派遣のメリット

決められた勤務時間通りに働けます。拘束される時間がはっきりしているのです。正社員であれば、勤務時間前に出社してミーティングに参加することもよくあります。どこまでが業務でどこまでがプライベートなのかはっきりしていることが最大のメリットだと思います。つまり、時間を有効に使えるのです。

あっさりと採用され、あっさりと退職できます。正社員のように書類選考、適性検査、複数回の面接がありません。簡単な面接だけで採用されます。(派遣先によっては技能試験などもあります)そして辞めるときには、しがらみなどもありません。

仕事内容が単調で、予習復習しなくても仕事をしていれば勝手に覚えられる業務を担当することが多いです。正社員のときのように仕事が終わってからファミレスで勉強する必要性は全くありませんでした。(もちろんこれも派遣先によります)

派遣のデメリット

収入が少なすぎます。派遣社員は時間給制です。昇給もありません。能力も関係ありません。もちろんボーナスもありません。たとえば、製造業であれば、長期休暇がありますが、そのあいだは無給です。休みが増えれば、収入が減ります。

雇用契約期間が短すぎます。私は2か月の契約でした。2か月ごとに更新します。2か月後に契約解除になることもあります。

景気に左右されます。景気が悪くなると契約解除になります。私が以前勤務していた会社では、リーマンショックのときすべての派遣社員が契約解除になりました。雇用が不安定なのです。

まとめ

派遣社員として働くのであれば、目標をもって働くことが大切です。期間を決めて、いつまでに目標を達成できるのか計画を立てることです。そのうえで、できるだけ残業のない派遣先を選択し、目標達成に向けて頑張りましょう。目標が達成できたときにはじめて派遣で働いて良かったと思えます。

Sponsored Link