山本耕史のギターテクも布袋寅泰のものまねもクオリティーが高すぎる

Acoustic Guitar

俳優の山本耕史さんの趣味はギターで、音楽番組にもたびたび出演されています。また、伝説のロックバンド「BOOWY」の大ファンで、氷室京介さんや布袋寅泰さんのものまねも得意としています。山本耕史さんのギターテクは半端なく、格好ばかり気にした自称ギタリストとは違って、本格的な技術を持ち合わせています。

Sponsored Link

山本耕史さんの略歴

山本耕史さんといえば、どうしてもフジテレビの大人気ドラマ「ひとつ屋根の下」の文也役を思い出してしまいます。文也は、事故によって車椅子で生活する羽目になったのですが、この車椅子の姿が山本耕史さんの印象を強くしています。

このとき16歳でした。長男の江口洋介さん、次男の福山雅治さん、三男のいしだ壱成さん、そして四男の山本耕史さん、長女の酒井紀子さん、次女の大路恵美さん。この兄弟を中心にした物語でした。

1976年生まれの山本耕史さんは、赤ちゃんモデル、子役をやっていました。そして16歳になったときに出演した「ひとつ屋根の下」で有名になります。山本耕史さんがあるテレビ番組で言っていたのですが、街で山本さんを見かけた通行人が「あッ、歩いてる!」と思わず言ってしまうほど、車椅子のイメージが強かったそうです。

そのイメージがガラリと変わるきっかけは、2004年の大河ドラマ「新撰組」の土方歳三役でした。脚本家の三谷幸喜さんに乞われて演じることになりました。この役以降、時代劇にもたびたび主演するようにもなり、役者としての幅が広がりました。

山本耕史さんのギターテクニック

Sponsored Link

山本耕史さんのギターテクニックは、子供のころからギターに親しんでいるせいもあってか、高い技術の結晶のような感じがするほどです。

山本耕史さんは、バンド活動もしていて、インディーズのレーベルからCDを発売しています。「BOOWY」の布袋寅泰さんの物まねも得意です。

中居正広さんが司会をしている番組に出演し、物まねを披露していましたが、中居正広さんに「クオリティーが高けえ」と絶賛されていました。

まとめ

ギターのテクニックは通常の練習に加えて、才能も必要でしょう。その才能とは、まさしく音楽への愛情なのだと私は思っています。

役者として見せる表情以外に、音楽家としての表情を持ち合わせた山本耕史さんは、そのことによって、人間としての魅力を際立てているのです。そしてそのことが、役者としての味わいにもつながっているのです。僕はそう考えています。

ちなみに、山本耕史さんはなかなかのモテ男で、数多くの女優さんとの熱愛が報じられています。

そして、2015年8月に女優の堀北真希さんとご結婚されました。わずか2か月間の交際の末に入籍されたそうですが、それも人として、男としての魅力があったからだと考えています。どうか、お幸せに。

Sponsored Link