松岡茉優のデビューのきっかけは引退した妹だったけれどその演技力は評価されている

Sisters

朝の連続ドラマ「あまちゃん」で時の人となり、今や若手実力派女優ナンバーワンの松岡茉優さんに出演オファーが殺到しています。2015年は主演ドラマの「She」のほか、映画3本に単発ドラマ6本に出演しています。さらに10月の放送の連続ドラマ「コウノドリ」2016年公開の映画「ちはやふる」などの話題作に出演することが決定しています。

Sponsored Link

デビューのきっかけ

女優になる人のデビューのきっかけは本当に運命がかっているのだと思わされるエピソードがあります。松岡茉優さんのデビューのきっかけは、4歳年下の妹さんなのです。妹さんはすでに引退されている松岡日菜さんです。

妹さんがまずスカウトされました。妹さんとお母さんが事務所に行くときに、松岡茉優さんも一緒について行きました。事務所の面接官に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われ、事務所に所属したのです。

その当時、松岡茉優さんは妹さんと一緒にオーディションに行っても妹さんだけが受かるような状況が続いていたそうです。そういう状況をご両親が喜んでおられて、姉としてすごく悔しかったそうです。

妹さんはすでに引退されて、そのかわりお姉さんの松岡茉優さんが大活躍されているわけです。運命というのは本当に不思議です。

略歴

Sponsored Link

2008年、おはガールとしてテレビ東京「おはスタ」に出演しデビューを果たします。「おはスタ」という番組は、平日の早朝に放送されている子供向けバラエティ番組のことです。「流行語大賞を受賞した「おっはー」はこの番組が起源です。

2010年に「おはスタ」を卒業してからはバラエティ番組に出演するのをひかえ、女優としての活動を増やされていました。そして、連続ドラマ「あまちゃん」で人気が大爆発しました。

「あまちゃん」以後の活躍は、すでに多くの人が知っていると思います。松岡茉優さんは多くのドラマや映画に出演しています。彼女の経歴を考えるとき、「あまちゃん」以前・以後がポイントになりそうです。

また、「あまちゃん」で演じた入間しおりが、埼玉県の上田清司知事から感謝状を授与されました。受賞理由は、「埼玉県の魅力発信に貢献した」ということです。

演技力

映画「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久監督が松岡茉優さんを絶賛しています。

瀬々監督は小津安二郎の映画の中の杉村春子にたとえて、

若い出演者が多いなかで、ただひとり円熟の芸域に達していると言ってもよいのが松岡さんでした

とその演技力を高く評価しています。

瀬々監督と言えば、上映時間4時間38分にも及ぶ大長編の社会派ヒューマン映画「ヘヴンズ ストーリー」と撮ったことで有名です。同作で第61回ベルリン国際映画祭「国際批評家連盟賞」を受賞しました。国際的に評価の高い監督です。

ちなみに、ピンク映画出身の映画監督で京都大学の哲学科を卒業しています。

まとめ&感想

松岡茉優さんは、女優として生まれてきている、そんな宿命を感じさせられる女優さんです。演技力が高く評価されていますので、今後も映画やドラマに出演されるでしょう。

きりりとした眉が特徴の松岡さんには、これからも活躍していただいて、女優として成長していって欲しいと思っています。

Sponsored Link