山本美月の経歴や魅力は?「鋼の錬金術師」との関係は

file0001998837731

初の主演映画「東京PRウーマン」が公開され、今や注目度ナンバーワンの山本美月さんの経歴をご紹介します。映画「桐島、部活やめるってよ」、ドラマ「アオイホノオ」や「恋仲」に出演している山本さんが、モデル出身の女優さんです。

山本美月さんの経歴

Sponsored Link

山本美月さんは、1991年7月に生まれています。身長は167cmで、スリーサイズは77-59-85の素晴らしいプロポーションの持ち主です。山本美月といえば、女性ファッション雑誌「CanCam」と言われるほど、看板モデルのひとりでした。

モデル活動をしながら、2011年から役者としての活動も始めています。役者としての最初の活動は、2011年の「幸せになろうよ」です。

その後、2012年の映画「桐島、部活やめるってよ」で注目されました。これが初の映画出演です。同年、「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」で初の連続ドラマ出演も実現させます。

非常に順調にキャリアを積み重ねています。若者向けファッションブランド・サマンサタバサのイメージキャラクターを務めたり、伊藤園のCMに出演したり、活躍は続きます。そして、2013年のテレビドラマ「SUMMER NUDE」の堀切あおい役でさらに注目されました。

さらに同年、活動母体といえる女性ファッション雑誌「CanCam」で42頁もの特集が組まれました。

2014年も活躍はとどまりません。テレビドラマ「僕のいた時間」、映画「黒執事」「東京難民」「女子ーズ」などに出演しました。

2015年には念願かなって、初の映画主演を実現します。

山本美月さんの魅力

山本美月さんの魅力は、なんといってもそのかわいらしい顔です。モデル体型ですので、スラリとして、顔が小さく、15頭身くらいあるのではないかと思えるほどです。

モデル出身だけあって、姿勢もきれいです。足も手も長く、スカートが似合う素敵な女優さんです。端正な顔立ちはお父様譲りですね。

今後、たくさんのドラマや映画に出演することで、演技に磨きがかかり、日本を代表する立派な女優さんになってほしいです。

映画「東京PRウーマン」の中で27着も登場する山本美月さんのファッションが注目をあびましたが、僕はこの映画を観て、美月さんはどんな服を着ても似合うなって思わず思ってしまいました。

美月さんは、個人的にはLiLiCoさんを出迎えるシーンで着たフリルのシャツと黒のフレアスカートが気に入っていたようです。

山本美月さんと「鋼の錬金術師」との関係

Sponsored Link

山本美月さんは小学生の時にアニメ「鋼の錬金術師」にはまったそうです。主人公のエドに恋をしていたそうです。美月さんによると、エドのキャラクターと朴璐美さんの声とがマッチしていて、「こんなカッコイイ声とビジュアルの人がいるんだ」と衝撃を受けたそうです。美月さんがいちばん気に入っているのは、第4話のニーナとアレキサンダーの話だということです。

アニメ「鋼の錬金術師」をはじめとして、いろいろなアニメや漫画が大好きだという美月さん。イケメンのお父様はゲーマーで、妹さんもアニメや漫画がお好きなようです。

まとめ&感想

着実に女優としての階段を登られている美月さんは、アニメ大好きな女の子です。その愛嬌のある、かわいらしい笑顔をいつまでも見せてほしいですね。映画「Mr.マックスマン」「ボクは坊さん」の映画の公開をひかえて、ますますノリにのってほしいと思っています。頑張ってください。

Sponsored Link