石橋杏奈の経歴や略歴は?「無痛~診える目~」の高島菜見子役を演じられます

file0001205588090

西島英俊さんが主演することになった「無痛~診える目~」に高島菜見子役として、石橋杏奈さんが出演することになりました。「学校のカイダン」の麻生南役でも注目されました。初主演映画「きみの友だち」でヨコハマ映画祭で最優秀新人賞を獲得した石橋杏奈さんの経歴をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

石橋杏奈さんの経歴

石橋杏奈さんは、1992年7月生まれです。ご出身は、福岡県で、身長は163cm、血液型はA型です。所属事務所は、ホリプロです。ホリプロと聞くと、僕はすぐに和田アキ子さんや綾瀬はるかさんを思い浮かべてしまいます。非常に力のある芸能事務所ですので、今後もテレビドラマや映画で石橋杏奈さんを見かけることは多いでしょう。

タレントとしての経歴は、2006年に行われた「第31回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得したところから始まりました。2007年のドラマ「失踪HOLIDAY」では主演を務め女優デビューを果たしました。

また、翌年には初主演映画「きみの友だち」で第30回ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞を獲得し、注目の新人女優となりました。

その後は主演こそ減ったものの、数多くのドラマや映画に出演しています。また、女優としての活動に加え2008年から2011年までは雑誌「セブンティーン」の専属モデルとしても活動するなど、タレントとしての活動の幅を広げていきました。

そして、石橋杏奈さんのタレントとしての経歴にさらに華を添えたのが、2012年から放送されているNHKのコント番組「LIFE! 人生に捧げるコント」に出演したことです。

女優としてのスキルを存分に活かして臨むコントの数々では、女優としての高い演技力を発揮するだけではなく、顔にメイクを施して女優とは思えないキャラクターにも挑戦しています。シリアスな演技からコミカルな演技まで幅広くできる女優として注目されています。

そして、2015年には、西島秀俊さんが主演する「無痛~診える目~」に出演します。

「無痛~診える目~」のあらすじは?

Sponsored Link

西島秀俊さん主演の「無痛~診える目~」のあらすじをざっくりと説明すると、西島さん演じる天才医師の為頼英介(ためよりえいすけ)が一家惨殺事件の謎に迫っていくというミステリーです。

天才医師の為頼英介は、外側からの診察だけで病気の進行や「予後」も読み取れる能力を持っています。「予後」とは、予想される今後の健康状態に関する、経験にもとづいた見解のことです。ガンと診断されれば、今後、このガンがどのようになっていくのかを読み取ることができるわけです。

為頼英介の予後を読み取る能力は、凄い能力です。患者の今後がわかるわけですから、患っている病気が、治るか治らないのかも為頼英介は感じ取れるのです。この能力は、医師にとってみれば、どのような感情をもたらすでしょうか? 為頼英介の予後を読み取る能力が、このドラマの魅力でもあり、鍵になりそうです。

こういう医師としての極めて高い能力を使って、一家惨殺事件の謎に迫っていくわけです。一緒に事件を追っていく刑事役を伊藤淳史さんが、為頼英介のライバルの医師役を伊藤英明さんが演じます。

石橋杏奈さんが演じるのは、主人公の為頼英介を尊敬し、また憧れを抱いている臨床心理士の高島菜見子役です。ある事件で夫を亡くし、そのときの加害者とのやり取りから、犯罪に対してある特別な想いを持っているという役どころです。なかなか難しい役ですが、石橋杏奈さんの好演を期待しています。

まとめ&感想

難しい役を演じることになった石橋杏奈さんが、どのような演技を見せてくれるのか、今から楽しみです。

そして、他の役者さんとの絡みを想像すると、わくわくさせられます。この難しい役が、今後の女優としての活動を支える貴重な経験になってほしいです。応援しています。

Sponsored Link