内田理央の経歴は?出身大学は?「掟上今日子の備忘録」に出演します

file5381291239055

あの西尾維新さんのミステリー小説「掟上今日子の備忘録」がドラマ化されることになりました。主演は新垣結衣さんです。そして、幕間まくる役を内田理央さんが演じられます。新垣さんが演じる探偵は、寝ると記憶がリセットされるのです。

どんな探偵なんだよって、ツッコミを入れたくなります。なんとも面白そうなドラマ(西尾さんの原作なので面白いに決まってますが)に出演することになった内田理央さんの経歴をご紹介します。

Sponsored Link

内田理央さんの経歴

内田理央さんは、1991年9月に生まれました。ご出身は、東京都八王子です。日本大学法学部に学ばれています。身長166cmで、スリーサイズは80-58-82です。グラビアアイドルだけあって、素晴らしいプロポーションですね。

内田理央さんは2010年の日テレジェニック出身という経歴を持っています。そこから雑誌の企画で結成された非公認ユニットのメンバーに抜擢され、そのユニットのイベントに参加するなどしていたころに仮面ライダーのヒロインに抜擢されています。

子供達から大人まで夢中になれるヒーロー番組ですが、主役は変身ヒーローだけではありません。主人公を支えてくれる可愛らしいヒロインも同じくらい重要なポジションです。内田理央さんは仮面ライダードライブのヒロインとして一躍有名になった人気のグラビアアイドルであり、女優です。

特撮番組は男性キャストの方が注目されがちですが、内田理央さんは歴代の女性キャストの中でもトップクラスの美貌を誇っています。主人公の仮面ライダーをサポートする役割ですが、今までのヒロインよりもアクションが多いですし、婦人警官の制服を特撮番組風味にアレンジしたコスチュームも彼女の愛らしさを強化しています。

日テレジェニックから出発し、とんとん拍子に仕事が決まっているように見えますが、日テレジェニックから出世作のヒロインの座をつかむまでに4年近くかかっており、意外にも苦労人と言える経歴です。大きなチャンスをつかんだ内田理央さんのライダー終了後の躍進に期待したいです。

そして、このたびの話題作に出演することが決まり、ライダー終了後の躍進が訪れようとしています。

「掟上今日子の備忘録」のあらすじや設定

大人気作家の西尾維新さんの小説「掟上今日子の備忘録」は設定が面白いです。主人公の掟上今日子は探偵ですが、寝てしまうと記憶がリセットされるのです。

そのため、どのような事件でも一日で解決しなければならないのです。記憶が寝るとリセットされるので、探偵としての守秘義務は守れます。事件も一日で解決しなければならないので、たぶん、事件解決までが日本で最速の探偵でしょう。設定を聞くだけでもわくわくさせられますね。

まとめ&感想

内田理央さんが演じる幕間まくる役は、ドラマのオリジナルのキャラクターです。変身ヒーローもので名をあげた理央さんだからこそ、西尾維新さんの作品で大活躍できるはずです。

今回のドラマ化は、西尾維新さんの作品群にとっても初の実写化になるそうです。非常に楽しみなドラマになりそうですね。この作品を足掛かりとして、活躍の場を広げてほしいなって思っています。理央ちゃん、頑張ってね。

Sponsored Link