高畑裕太の経歴は? 母である高畑淳子との関係は? 野球少年として育った彼のガッチリとした体格

HPIM0352

親の背中を見て子は育つと言いますが、親が役者であれば、子供もまた役者になるケースが多いようです。歌舞伎や能のような伝統芸能はべつにして(一子相伝の伝統芸能には子供に選択肢はないような気がします)、芸能界やスポーツの世界には親子で同じものを志すことが珍しくないです。

今、非常に注目されている若手俳優の高畑裕太さんもそんなひとりです。では、高畑裕太さんの経歴にふれてみましょう。

Sponsored Link

高畑裕太さんの経歴

高畑裕太さんは、1993年9月に生まれています。東京都出身です。これは母親が役者をしているために東京都出身なのです。その母親とは、苗字でわかりますよね。高畑淳子さんです。高畑裕太さんは、淳子さんの長男として生まれたのです。高畑裕太さんには、お姉さんがいて、お姉さんも役者をしています。(高畑こと美さん)

身長が181cmで、ガッチリした体格をしています。この体格と裕太さんの経歴は無関係ではありません。裕太さんは、高校は野球の名門校として名高い暁星国際高等学校に進学して野球部に入り青春時代を過ごしました。彼の体格は、野球で鍛え上げられたものなのです。高校を卒業後に桐朋学園芸術短期大学に進学し、芸能界への道を歩み始めます。

実は母親の高畑淳子さんも桐朋芸術短期大学を卒業し芸能界の道へ進んでいて、親子で同じ経歴を持っています。まさに「親の背中を見て子は育つ」大学も同じなんですね。

芸能界入りしたのは母の高畑淳子の影響であるようです。先程も言いましたように、彼の姉も女優として活動していて、芸能一家なのです。そして芸能事務所に入り、2012年にはドラマ「あっことぼくらが生きた夏」で俳優としてデビューしています。

2015年にはNHK朝の連続テレビ小説「まれ」に出演し話題となっています。その他にも多くのテレドラマなどに出演しています。彼は高校時代に野球部で鍛えていただけあり、その体格は素晴らしく存在感もあります。今後の活躍が期待できる俳優の一人です。

彼は小さい頃はぜんそくを持っていたり、反抗期もひどく親に迷惑をかけていた時期もあるそうですが、今は同じ道に進み親子関係も良好だそうです。親子でテレビ番組に出演することが多くなりました。

母の淳子さんは、1954年生まれで、香川県善通寺市のご出身です。日本の劇団としては、非常に有名な「劇団青年座」に学ばれ、今現在も同劇団に所属し、取締役でもあります。

母の高畑淳子さんと北川景子さんの母同士がはとこということです。祖父母が同じなんですね。ですから、高畑裕太さんは女優の北川景子さんと遠い親戚にあたります。

まとめ&感想

親が有名であれば、子供がその陰に埋もれてしまう可能性があります。有名人の子供たちは幼いころから周りに「〇〇の子供」と言われ続けています。

そういう重圧の中で暮らしているわけです。さらに「〇〇の子供だから、できるよね」と言われ、出来て当たり前だと思われてしまうことが多いです。そんなプレッシャーを跳ね飛ばして、裕太さんには立派な俳優になってほしいと思っています。

その後、彼は犯罪を犯してしまうことになるとは、この記事を書いたときには、まったく分かりませんでした。。。

Sponsored Link