高梨臨の経歴は?「ほん怖」「シンケンジャー」「ライク・サムワン・イン・ラブ」に出演

file0001108728384

イランに傑出した映画監督がいます。その名を、アッバス・キアロスタミといいます。小津安二郎の弟子である彼は、映画というものを極めてシンプルなものとして捉えています。

1987年製作の「友だちのうちはどこ?」では、主人公の小学生が帰宅した友人のノートを返すために、友人の自宅に向かうが辿りつけずに、翌日学校で友人にノートを返す、というストーリーでした。物語は単純ですが、そこに描かれている主人公の少年の感情が、薄気味悪いほどリアルなのです。

そして、アッバス・キアロスタミ監督が日本で撮影した映画に出演した女優がいます。高梨臨さんといいます。彼女はどのような女優さんでしょうか? 彼女の経歴を見てみましょう。

Sponsored Link

高梨臨さんの経歴

高梨臨(たかなし りん)さんは、1988年12月に生まれています。千葉県船橋市のご出身です。身長166cmで女性としては高いほうですね。

高梨臨さんは、原宿でのスカウトをきっかけに芸能界入りしています。2005年にフジテレビのバラエティ番組のオーディションでグランプリを受賞し、アイドルグループ「ピンクジャムプリンセス」のメンバーとしてアイドル活動を開始しました。しかしこのグループは結成後一年ほどで解散となっています。

その後めざましテレビのコーナーにアシスタントとして出演していましたが、2007年頃より女優としての活動を本格的におこなうようになりました。

2009年にはスーパー戦隊シリーズ「侍戦隊シンケンジャー」に出演しています。高梨臨さんは仮面ライダーシリーズとウルトラマンシリーズ、戦隊ヒーローシリーズの三つに出演しているという珍しい経歴の持ち主なのです。

正直、ここまでの経歴はあまりパッとしたものではありません。しかし、彼女が女優として目覚めるのは、ここからなのです。

2012年、映画「ライク・サムワン・イン・ラブ」でヒロインの明子役を演じました。この映画こそ、冒頭でお伝えしたアッバス・キアロスタミが監督した作品なのです。

映画「ライク・サムワン・イン・ラブ」で注目された高梨臨さんは、瞬く間に女優として飛躍していきます。2014年のNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」に出演したのです。

この国民的連続ドラマに出演することは、女優として約束されたものです。(もちろん、その後パッとしない役者さんもいますが)彼女は主人公の親友役の醍醐亜矢子を演じ、一躍人気となりました。

それから映画やテレビなどに出演する機会も増え、話題のドラマなどでもよく見かけるようになり、今注目されている若手女優の一人であるといえます。

彼女は特技が将棋という意外な一面もあります。テレビの将棋番組を見たのがきっかけで将棋を始めたそうですが、一応、初段という段位を持っています。

ようやく出演できる作品が増えてきました。高梨臨さんが女優としての才能を開花させるのはこれからなのです。後世に残る女優さんになってほしいですね。

Sponsored Link