ダイエットはウォーキングやジョギング、ランニングだけでは成功しない!

 ダイエットしようと思ったときに、真っ先にすることは何でしょうか?

僕はジョギングから始めました。朝早くに起きて、近所を軽く走ってからシャワーを浴びて出勤していました。

ところが、1か月近くたってもまったく体重が減らなかったんですね。

今思えば、体重が減らなくて当然だったと思えるわけなのですが、当時はいろいろ悩みました。走る距離が短すぎるのではないかと考えたりしました。

多くの方がダイエットしようと思い立ったときに始めることは運動なのですが、実は運動だけでは痩せられない理由があるんですね。

Sponsored Link

痩せるための方程式がすでにできあがっている

ダイエットに関しては、どのようにすれば成功するの理屈ははっきりしています。

摂取カロリーより消費カロリーが多ければ、痩せられます。ですから、多くの方が消費カロリーを増やそうとしているのですが、実は消費カロリーを増やそうとしてもなかなか増えないのです。

僕たちの体は、あなたが、今、読んでくださっているようにブログの記事を読んでいるだけでも体脂肪は燃焼しています。

読んでいるだけで体脂肪が燃焼できているのであれば、運動をすればもっと燃焼できるかもと思われるかもしれません。

実際に私もそう思っていましたし、普通に思ってしまいますよね?

ところが、ブログの記事を読むという行為をランニングに替えたところで、目に見えて効果があるわけではないのです。

だからこそ、ダイエットはウォーキングやジョギング、ランニングだけでは成功しないのです。

その理由に特別なことはなく、もともと体脂肪というものはそんなに燃焼できないものだからなのです。

たとえば、体重50キロの人が時速8キロで30分間走ったとします。この場合の消費カロリーは、わずか200キロカロリーにしかなりません。

卵3個分相当の20キロカロリーを摂取する時間は、わずか数分ほどですよね。

ダイエットしている人がよくやっているのは、今日は食べ過ぎたから特別にランニングしてこようという風に、食べすぎた分を運動によって消費しようとする行為です。

まったく無駄ではありませんが、非常に無理のある行為です。

30分間走り続けて、ようやく卵3個分のカロリーを消費できるだけですから。

ボクサーは試合のたびに減量に苦しむスポーツです。そのボクサーでさえ、減量するときには食事をメインに減量するのです。

ボクシングの試合には関心のない方が多いかもしれませんが、もちろん食事だけではなく、ボクサーが毛布にくるまりながらストーブにあたり、汗を流しているシーンをテレビで観たことのある方も中にはいるでしょう。

ボクサーでさえ体重を減らすために過酷なことをやっているのです。少々ランニングしたからといって、体脂肪が減らせるわけはないのです。

運動をして、本気で理想の体型になろうと思うなら、運動強度の強いものを選び、トレーニングにしっかりと時間を費やすために、生活自体をガラリと変える必要があるでしょう。

しかし、僕たちはこればかりに時間を取られるわけにはいきませんよね。ほかにもやりたいことはたくさんあるでしょうし、だからといって、理想のスリム体型も捨てがたいです。

効率よく体型を理想に近づけるためには、やはり消費カロリーではなく、摂取カロリーを見直すことから始めるべきです。

消費カロリーが同じでも、摂取カロリーを少なくすることができれば、運動なしでも体脂肪は燃焼するのですから。

ウォーキングやジョギング、ランニングなどは健康促進のために

Sponsored Link

運動で体脂肪を燃焼させようとするには、かなり困難がつきまとうことは、さきほど説明しました。

運動はあくまでも健康促進のために行いましょう。それが現実的です。

ダイエットは食生活を改善することに重点をおいて、運動を補助的な役割で使うと、効率よくダイエットできます。

私の場合、運動してダイエットしようと思い、フィットネスクラブに入会しました。ところが、半年たっても痩せられなかったので、ようやくダイエット本を読み始めました。

いろいろダイエット本を読んでいくうちに、運動だけでは体脂肪は落ちないことに気づき、ようやく食生活に目を向けるようになりました。

そのとき参考にしたのは、栄養学の本です。

今までどれだけデタラメな食生活を送ってきたか、自分でもびっくりしたほどです。

それから栄養学にのめり込みました。食べることは生きることだと思い知りました。

そもそも自分自身が食べている食品がどのようなものすら分からなかったのです。

たとえば、トランス脂肪酸。

これは非常に危険な物質ですが、マーガリンに含まれています。僕はトーストが好きでよく焼いて食べるのですが、トーストにマーガリンをぬって食べていたのです。

トランス脂肪酸の恐ろしさも知らずに食べていた自分自身に恐怖すら感じました。

トランス脂肪酸とは、自然界にない脂肪酸です。化学物質のようなものです。通常の油に水素を添加し、元素記号を変化させてしまったんですね。

どうしてこんなことしたかと言いますと、保存期間を長くしてコストダウンをしたかったのです。

トランス脂肪酸が含まれた食品を体内に取り込むと、消化器官に非常に大きな負担をかけることになります。また、病気の原因にもなると言われています。

僕が不安なのは、トランス脂肪酸が自然に存在しない化学物質だということです。これだけでも充分に体に害を与える物質だと言えるでしょう。

まとめ

ダイエットするなら、まず最初にすることは、今の体型がどのようにしてできてしまったのか自分自身の生活習慣を振り返ってみることです。

そのうえで、運動は補助的なものとし、あくまでも食生活を改善させることでダイエットにチャレンジしましょう。

食生活が近未来の自分自身を作ります。ひとつひとつの食べ物は、あなたの体のパーツを作りだすのです。

このように意識することによって、食生活の意識を高めて、楽しみながら改善してみるとよいでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です