TAG 「ひょっこり黒猫」の作者・俣野温子さんが語る五輪エンブレム問題について